[ASEAN事業部会]

【ベトナムー日本・上場企業連携】令和3年7月14日、PGT-Holdings(ハノイ証券取引所上場) 嘉数昇吾社長 主催セミナー

【組合員メディア掲載】ベトナム企業のM&Aが日本の中小企業にチャンスな3つの理由
○●○(ベトナム現地法人)サイゴン・ツーリスト・トランスポート社が勝訴。社内紛争を制圧。

このたび、ベトナム・ホーチミン在住の日本人経営者 嘉数昇吾氏(SBD登録第A115号)が率いるASEAN企業グループ「PGT-Holdings(ハノイ証券取引所上場(PGT))」の一翼を担う「サイゴン・ツーリスト・トランスポート社(UPCoM店頭公開(STT))」が勝訴し、社内紛争の完全解決を果たしました。

 

サイゴン・ツーリスト・トランスポート社(STT):タクシー・旅行・自動車教習所等

  ・2011年、ベトナム最大の国営旅行会社サイゴン・ツーリストの子会社としてホーチミン証券取引所に上場

  ・社内紛争により2012年から赤字に陥り、2018年7月上場廃止

  ・2014年、嘉数氏がCEOに就任

  ・2015年、嘉数氏が筆頭株主となる

  ・2020年、ベトナム人株主から株主総会未承認で申請された破産申立が却下(ホーチミン人民裁判所)

  ・2021年5月、同控訴審棄却(ホーチミン市上級裁判所)

 

PGT-Holdings(PGT):ホテル管理・セキュリティーサービス・国内外人材事業・ミャンマー金融事業等

  ・2009年、ベトナム国営石油会社Petrolimex Group の子会社としてハノイ証券取引所に上場

  ・2015年、嘉数氏が筆頭株主となる

  ・2016年、嘉数氏がCEO兼取締役会会長に就任

  ・2016年~2020年、BMF Micro Finance(ミャンマー)、STT、JAVICO(国外人材派遣)等を傘下に統合

  ・2021年現在、10社超を傘下に持つベトナム現地企業集団として多業種で日本企業との提携・連携を推進中

 

関連記事: 2020年6月4日ベトナム情報サイト記事へのリンク

      2021年5月11日ベトナム情報サイト記事へのリンク